職人

トリカブト栽培を受け継ぎ自らも新しい挑戦をする豊浦町桜農園

漢方薬の原料となるトリカブト栽培を受け継ぐ

札幌で生まれ、前職の勤務地広島から移住してきたのが2014年。後継者のいない農園の跡継ぎとして就農する形で、漢方薬の原料となるトリカブトを栽培している株式会社サクラの次期担い手として勤務しています。トリカブト栽培は北海道では大変珍しく、近隣に栽培している農家、農園はありません。情報交換ができないなど大変なこともありますが、他にやっている人がいないからこそ、大きなやりがいを感じています。薬の原料として重宝されているトリカブトですので需要も多くあり、絶やしてはいけないと使命を感じながら栽培しています。

また、移住してからお世話になり続けている親方への恩返しとしても、この地域にトリカブト栽培を残すべく責任をもって続けていきたい。親方が築いてきた栽培技術を継承して次世代に伝えていく役割を担いたいです。

農家と農家の兼業農家。新しいものへの挑戦

トリカブト栽培を本業としていますが、もう一つ自身の農園桜農園の園主としての顔があります。トリカブト栽培のかたわらカボチャを栽培したり、他にはない北海道オリーブの栽培にも挑戦しています。

この北国北海道でオリーブの栽培ができるのだろうかと周囲から疑問の声を多くいただきます。しかしオリーブ栽培に関わり様々な勉強をしていく中で北海道のオリーブ栽培には無限の可能性が秘められていると日々感じています。

前例がなく、簡単に行かないことの方が多くありますが、勉強のため全道各地をまわる中で、良き理解者や協力者となってくれる人と出会うことができ、支援して頂きながら地道ながらも活動を続けています。

桜農園

名称桜農園
住所
〒049-5404 北海道虻田郡豊浦町字桜112-3
定休日
営業時間
発送可能日
備考
ABOUT ME
高山 義彦
ロカラの高山です。北海道の食を愛し、北海道のおいしい、地元道南のおいしいを探し続ける、食いしん坊。ロカラが運営するショッピングサイト「道南地元市場」の名物店長としても活動中!全国の消費者の皆さんに北海道のおいしいをお届けするために日々奮闘中!