経営

北海道水田発祥の北斗市で米作りに情熱を注ぐ中川農園

                                   

園主 中川 明さん

中川農園

農家の6代目として誕生した中川さん。サラリーマンとして働いていたが21 歳の時に家業を継ぐことになった。はじめは失敗の連続で、自分の思っている農業と現実とのギャップにとても苦労したそうだ。これまで自然相手の農業という仕事を長年伝えてきた先代達のことを、園主になり経営を任されて初めて、その偉大さを感じた。外食の際にもご飯を注文して研究を重ねているほどの情熱を持っている。

寒い地域でも美味しい米を作るため研究を進めた北海道

中川農園が代々米作りをしているのは、函館市に隣接する水田発祥の地である北斗市(旧大野町)。元禄5年(1692年)までは、寒さのため稲作が不可能だった北海道で、初めて「野田作右衛門」が米10俵を収穫したことが、北海道稲作の始まりとして伝えられ、稲作においては道内でも歴史のある町です。その後、寒さに強く味がしっかりした米作りの研究が進み、今では新潟と並ぶ米作地帯として、毎年行われる食味ランキングでは「ななつぼし」「ゆめぴりか」が特Aを5年連続受賞、平成27年度には「ふっくりんこ」も特Aを受賞するなど、まさに「ふっくりんこ」は人気急上昇中の品種です

ふっくりんこへこだわり、美味しさを追求する

その理由は豊かな大地北海道の”気候”、”水”、”空気”すべてが凝縮された美味しさが、そのまま味として表現されているから。中川農園では試験栽培時から「ふっくりんこ」作りに取り組んでいる、いわばふっくりんこ栽培のスペシャリスト。「ふっくりんこの美味しさはまだまだこれから!」と旨さへの追求には余念がない中川さん。

「もみ」のまま保存し、出荷の都度精米

お米は精米したすぐが一番美味しく、徐々に鮮度が下がり味が落ちていきます。中川農園では「もみ」の状態で保管し、出荷の都度、一手間、一手間精米を行っています。もちろん手間はかかりますが、それ以上に毎年「美味しいね!」と言って食べてくれるおさんの笑顔を思い出し、一手間を惜しまない方法で美味しいお米を届けています。

ライターが選ぶ!中川農園おすすめの商品

北海道米 ふっくりんこ 10kg

「もみ」の状態で保管し、出荷の都度、精米を行っています。手間はかかりますが、それ以上に毎年「美味しいね!」と言って食べてくれるおさんの笑顔を思い出し、一手間を惜しまない方法で美味しいお米を届けています。

商品ページへ

元山牧場

名称中川農園
おすすめ北海道米 ふっくりんこ 10kg
住所〒041-1223 北海道北斗市一本木314
営業時間
定休日
発送可能日ご注文より2~6日
備考
ABOUT ME
波江 真
ロカラの波江です。1998年北海道函館市生まれ。新卒でロカラに入社し現在1年目。趣味は「筋トレ」「スポーツ観戦」「ダンス&ボーカル系」など様々。北海道に面白い仕事を創りたいと意気込んで日々奮闘中。多趣味を生かして、いろんな切り口で北海道の魅力を発信します!