職人

昭和40年創業。北海道福島町イカのくちばしを名産品に。西川水産

今回は、横綱「千代の山」「千代の富士」生誕の地として知られる福島町で、新たな名産品を作る挑戦をしているヤマキュウ西川水産さんに取材させて頂きました。

今まで培ったするめ加工と新しいいかとんび

西川水産は昭和40年の創業から続くするめいかの加工を今も守り抜いています。一枚一枚綺麗にさばき、干して、伸ばして、乾燥させることでスルメが出来上がっていきます。福島町はスルメの加工が盛んな町ですが、近年いかの不漁が続いています。湯浅さんが注目したのはいかとんびです。全国的に馴染みは薄いかもしれませんが、するめ加工が盛んな福島町ではいかとんびは一般的なもの。いかの口に当たる【くちばし】を使った珍味で、鳥のくちばしのような歯が特徴的です。

とんびは一杯のいかから一つしか取れない貴重な部位で、いかの味が凝縮し、コリコリとした食感が特徴です。これまで、いかとんびはそのまま乾燥させたものが一般的でしたが西川水産では今までにない新しいいかとんびを製造しています。(いかの旨味と食感の良さを残し、塩麹や一味などで味付けします。 いかとんびを食べ慣れた地元の人々からは、クチバシがなくて食べやすく、味もとても美味しいと地元のとんびを食べ慣れた人々からも高評価で福島町の新しい名産として期待しています。)

地元福島町のために

昭和に活躍した大横綱千代の山と千代の富士の出身地として知られる福島町。湯浅さんのおすすめスポットは岩部海岸。福島町市街から少し車を走らせるだけで、海の底が見えるほど透明な海といっぱいの緑が広がる風景は圧巻です。

湯浅さんは祖父の代に創業した西川水産をこの地で続け、工場を守り続けていきたいという思いを強く持っています。そのためには新しい商品を発信し続けることが重要で、それは必ず地元福島町にためにも繋がると信じて挑戦し続けています。いかの不漁が続き頭を悩ませることもありますが、このピンチを新しいことを始めるチャンスと考え日々いかとんびの可能を模索しています。

福島町を飛び出して新しい挑戦

新しいいかとんび商品の開発と合わせて、新たな挑戦を考えています。とんびを使ったご当地ドッグなど今までにないとんびの食べ方を提案して、よりたくさんの人々に知ってもらいたいと考えるようになり移動販売への取り組みを計画しています。
地元で作ったものを地元で販売するだけではなく、自ら外へ飛び出し、いかとんびと福島町を広めていきたいと意気込みを語ってくれました。

ライターが選ぶ!ヤマキュウ西川水産おすすめの商品

味付いかとんび 4種詰め合わせ

1杯のイカから1つしかとれないイカの旨味が凝縮したいかとんび。手作業で丁寧に取り出したくちばしを福島町出身の札幌市で活躍するシェフが監修した「塩こうじ」「和風一味」「洋風カレー」「トマト」4つの味付けを詰め合わせたセットです。

商品ページへ

ヤマキュウ西川水産

名称ヤマキュウ西川水産
おすすめ味付いかとんび 4種詰め合わせ
住所〒049-1312 北海道松前郡福島町字福島178番地
営業時間8:00~17:00
定休日日曜日
発送可能日営業日
備考
ABOUT ME
高山 義彦
ロカラの高山です。北海道の食を愛し、北海道のおいしい、地元道南のおいしいを探し続ける、食いしん坊。ロカラが運営するショッピングサイト「道南地元市場」の名物店長としても活動中!全国の消費者の皆さんに北海道のおいしいをお届けするために日々奮闘中!