経営

地元七飯町で取れる農作物をそのまま食べてもらうためにぽぽろ館

ついつい手が伸びてしまう手軽に食べられる乾燥りんご

開設当時は乾燥りんごと木工品しか作業していなかったものの、今では切り干し大根、乾燥椎茸、乾燥ニンジン、乾燥ほうれん草なども作っています。
現在「乾燥りんご」として販売されている商品は当初「リンゴチップ」として売られていました。
ですが、「チップ」から連想されるのが「ポテトチップス」などで、温風乾燥でパリパリはしてない。油を一切使ってない。という事から「乾燥りんご」と名前を変えました。

乾燥りんごが完成するまでの作業行程

乾燥りんごは、まず、リンゴを綺麗に洗い、ビューラーや機械を使って皮をむき、包丁でスライスし、種をはぶき、並べて乾燥機に順番に入れていく。そして選別をし、計量をし、最後に出荷となります。
皮が残らないように皮をむいています。皮が残っていると食べた時の口に残り、食感が全然違うんだとか。

ぽぽろ館のこだわり

りんごもたくさんの種類を試した結果、一番「うまみ」「酸味」「甘味」が強かったリンゴが「ふじりんご」で、ふじのりんごが手に入る12月から4月までの4ヵ月間しかこの乾燥りんごを作ることができないのです。

全て地元七飯町の農産物を使用して、旬の物を使うことにこだわりを持っているからこそ、12月から4月までは乾燥りんごを作り、梅雨時になる前にリンゴ作業を全て終わらせます。5月からは切り干し大根を作りながら、ほうれん草やにんじんなどを作っていきます。

また、「リンゴそのものの味を楽しんでほしい」ということから、変色を防ぐための食塩以外は無添加でノンフライ、ノンオイル。砂糖も一切使用していないので、変色がほとんどなく、切りたてのリンゴの色をしていてとても綺麗です!

ぽぽろ館

名称七飯町精神障がい者通所授産施設 ぽぽろ館
おすすめ
住所〒041-1112 北海道亀田郡鳴川5丁目348番地3
営業時間
定休日
発送可能日随時(日・祝を除く)
備考
ABOUT ME
波江 真
ロカラの波江です。1998年北海道函館市生まれ。新卒でロカラに入社し現在1年目。趣味は「筋トレ」「スポーツ観戦」「ダンス&ボーカル系」など様々。北海道に面白い仕事を創りたいと意気込んで日々奮闘中。多趣味を生かして、いろんな切り口で北海道の魅力を発信します!