職人

非加熱製法でハーブ香るはちみつを提供する 北海道大沼ガローハーブガーデン

横津岳と大沼に囲まれた秀峰駒ヶ岳が望める大自然

農園に咲く花々の後ろに駒ヶ岳が見えます!

大沼周辺の土地は昔から肥沃な場所として知られている。ガロハーブガーデンが長年に渡り有機栽培を続けてこられるのもこの肥沃な土があってこそ。秋に畑の土と残った草花を混ぜ合わせ腐葉土状にする、肥料はこれだけだ。

横津岳からの自然の伏流水で育つクレソン

「いつもハーブは雑草に埋もれています」と健さんは言うが、力強い土と有機栽培ならではの光景だろう。ミント、バジル、クレソンなど数十種類のハーブを栽培している大沼ガロハーブガーデン、5年ほど前から養蜂にも取り組み始めた。

ここだから作れるハーブ香る芳醇な蜂蜜

20箱程の巣箱で養蜂を行っている

大自然に囲まれ、近隣の山にはアカシアや栗など、ミツバチが好む樹木が多く養蜂に適しており、初夏にはそれらの木々の花蜜から取れる蜂蜜が出来上がる。クセがなく爽やかな甘みの蜂蜜だ。

夏の終わりから秋にかけては、農園で咲くハーブの花々から花蜜が取れる。ハーブの香りが口いっぱいに広がり芳醇な甘さが楽しめる蜂蜜だ。

ハーブの花蜜を運んでくれるミツバチ

最初は1箱の巣箱ではじめ、今では20箱程。通常の養蜂家と比べて一割程度の規模とかなり小さい。

「考え様によっては悪くないですよ、小さいから一つ一つ手間をかけられます。それにハーブの花は限りがありますからね、あまり多くても蜜が集まらないんです」
大沼ガロハーブの生はちみつ、盛夏(high)は本当にハーブはちみつのようだ。

はちみつづくりについて話してくれた健さん

これからの大沼ガロハーブガーデンの挑戦

さらなる蜂蜜の改良をすべく、花をつけるハーブの数を年々増やしているという。「花が変わると蜂蜜の味も変わります。毎年どんな味になるのか楽しみですよ」
笑顔で話す健さん。自然豊かなこの大地で、長年ハーブ栽培を続けてきたからこそ作れるはちみつなのだろう。
来年のはちみつはどんな味になるのだろうか、楽しみだ。

ライターが選ぶ!大沼ガロハーブガーデンおすすめの商品

非加熱 生はちみつ 初夏 350g

完熟生はちみつは加熱処理を一切しておらず、はちみつ本来の味を楽しめます。非加熱のため、酵素やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。また、大沼ガローハーブ特有のほのかに薫るハーブの香りも、失われることがなく、ナチュラルなはちみつに仕上がっています。ぜひご賞味ください。

商品ページへ

大沼ガロハーブガーデン

名称大沼ガロハーブガーデン
住所北海道亀田郡七飯町上軍川
電話番号
定休日
営業時間
ABOUT ME
中川 真吾
ロカラの中川です。毎週のように北海道中を回っては事業者さんの話を聞くのが大好きです。そのため車の走行距離は図り知れず。。取材を通して人との出逢いを大切にしています!どこかで中川を見かけたらお気軽に声をかけてください!!!