経営

1968年創業のヱビスパック北海道土産の定番レトルトいかめしの元祖

今回は、「いかめし」や「とうもろこし」のレトルト商品のパイオニアとして知られる、函館市のヱビスパックさんに取材させて頂きました。

固定概念にとらわれない新しい商品を

1970年函館で生まれた対馬さん。生誕当時は、父であり創業者である対馬正明さんがちょうどヱビスパックの前身である「対馬商店」を創業した頃で、幼少の頃から父の背中を見て育ってきました。 1992年に大学を卒業後、地元函館にルーツを持つ(株)ニチロ(現在のマルハニチロ(株))に就職し営業職として札幌を拠点に駆け回っていました。 前職時代は仕事に情熱を燃やし、やり甲斐も強く感じていて、当たり前のように定年まで勤め上げようと考えていました。しかし、先代であるお父さんから人手が足りず手伝って欲しいと相談を受けたことをきっかけに1996年にヱビスパックに入社しました。入社後は長く営業職に関わり、2009年7月代表取締役に就任しました。 創業期の昭和50代、函館ではイカの生珍味や乾燥珍味製造が主流の中、今では当たり前ですが、北海道物産展などでは欠かすことのできない「真空パックいかめし」の製造をいち早く手がけてきました。ヱビスパックは昭和から平成を経て今、令和という新しい時代を迎えました。父から受け継いだ会社で固定概念にとらわれない新しい商品を開発し続けていくことがこれからの目標です。

真空パックの技術のパイオニア

国道5号線近くの函館市昭和3丁目に、函館のいかめし製造業界を牽引するヱビスパックがあります。1968年、乾燥珍味を加工販売する対馬商店として創業した同社は、75年はじめ、真空パックの技術をいち早く取り入れると、日本で初めてとなる真空レトルト「とうもろこし」や「いかめし」を世に送り出します。78年には、「真空パック」と、商売繁盛の「ヱビス」由来の、ヱビスパックと社名を変え、現在に至ります。  創業者を父に持つ、代表の対馬正樹さんは、自宅が工場だったこともあり、母の配達の手伝いをするなど加工場を生活の一部として幼少期を過ごします。地元の水産高校での実習経験が心に残り、大学卒業後は、自然と食品業界に引かれるように、ニチロ(現在のマルハニチロ)へ就職しますが、定年まで勤め上げるか、家業を継ぐかを悩む日々。「いかめしと真空パック、この2つは後世に残したい」と26歳で地元函館へ帰郷を決意し、家業への無償の愛を胸に、同社へ入社をします。

「令和に新たな商品を」

営業マン時代に経験した「あの時電話していれば、あの時訪問していれば」という後悔はするまいと、失敗を恐れず、やれることは何でもチャレンジします。そうして誕生した主力商品の「魚めし」。近年続くイカの不漁により、郷土食であるいかめしの存続が難しくなる中、自社の製造技術をヒントに、魚の腹に米を詰めた、いかめし以来約40年ぶりとなる新商品「魚めし」を誕生させます。同時に「いかめし」を「技術」という形で残すことを可能にし、入社当初に描いていた、対馬さんの強い思いがひとつの形となって実現します。

趣味は資料館めぐりという対馬さん。「当時の人々の生活や文化へ思いを馳せることが楽しくてしょうがない」と笑顔で話します。だからこそ、地元函館の食文化でもある、いかめしへの思いが人一倍強いのでしょうか。「昭和にいかめし、平成に魚めし、令和の時代にも新たな商品を残していきたい」と意気込みます。いつしか函館の食文化を残した偉人として、対馬さんもまた、思いをはせる人物になる日が来るのかもしれません。

この記事は、2021年5月16日に こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~ ヱビスパック社長・対馬正樹さん(51)「令和に新たな商品を」が函館新聞で掲載されました。https://digital.hakoshin.jp/special/index/74009

「こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~」は道南でつくられるこだわりの食品を集めた通販サイト「道南地元市場」を運営する私たち株式会社ロカラのスタッフが各地のつくり手たちのもとに足を運び、生産者の思いをまとめる連載記事。函館新聞で毎月第三日曜日に公開

ライターが選ぶ!ヱビスパックおすすめの商品

焼きさんまめし

焼いたさんまの腹の中に秘伝のタレの味と生姜が効いたご飯を詰め込んだヱビスパックの自信作です。老舗メーカーがいかめしづくりで培ってきたノウハウをこの魚めしに注ぎ込みました。

商品ページへ

株式会社ヱビスパック

名称株式会社ヱビスパック
おすすめ焼きさんまめし
住所〒041-0812 北海道函館市昭和3丁目23番6号
営業時間8:30~17:00
定休日土曜・日曜・祝日
発送可能日営業日
備考
ABOUT ME
波江 真
ロカラの波江です。1998年北海道函館市生まれ。新卒でロカラに入社し現在1年目。趣味は「筋トレ」「スポーツ観戦」「ダンス&ボーカル系」など様々。北海道に面白い仕事を創りたいと意気込んで日々奮闘中。多趣味を生かして、いろんな切り口で北海道の魅力を発信します!