経営

1973年創業。北海道の原料をカジュアルに楽しむはこだてわいん

今回は、はこだてわいんの代表を務める佐藤恭介さんに「ワイン業界の面白さ」や「地域ワイナリーが担う地域での役割」についてインタビューさせて頂きました。

ワインに対して一般の消費者と同じ感覚を持つ

はこだてわいんは1973年に小原商店(現・株式会社小原)の果実酒類製造部門が分離し、果実酒類製造業「駒ケ岳酒造株式会社」を設立。84年に商号を「株式会社はこだてわいん」に変更します。現在は主に後志管内余市町の農家と契約し、ブドウの栽培をしています。
 代表を務めるのは佐藤恭介さん。高校時代を札幌で過ごし、大学進学のため上京。その後ヤクルト本社へ就職し、営業やマーケティング、物流などを担当しました。2000年に北海道支店への転勤を機に、北海道へ帰郷。このようにワインの専門分野出身ではない経歴の持ち主。一般の消費者の方に近い感性を持ち合わせながら、15年、はこだてわいんに参画します。

夢を見続けてワイン文化を根付かせる

佐藤さんはワイン業界に身を置いて、初めてワインの面白さに気づいたと言います。それは「夢」がないと続けられないということです。日本の酒類市場は縮小傾向にありながらも、ワイナリーの数は大幅に増加しています。まだまだ、ワインを飲む習慣が広がっているとは言えない日本に、ワイン文化を根付かせようという、ある種、「夢」と呼んでもいいような、大きな目標に、日本中のワイナリーが取り組んでいます。


 道南も例外ではなく、小規模のワイナリーや海外の大手ワイナリーが参入し、盛り上がりを見せています。はこだてわいんではお手頃価格のワインはもちろん、こだわりの製法で作り上げた高級ワイン、自然派志向の酸化防止剤無添加ワインのほか、お酒が飲めない方でも楽しめるストレートジュースなど、数多くのラインナップをそろえています。「私たちも2017年から自社での葡萄栽培を再開しました。地域で作られたワインを、その地域に住む人たちにおいしいと言ってもらえるようなワインを作っていきたい」と、佐藤さんは曇りのない笑顔で話します。

ワインの事を「わかる」「わからない」という感情で困らせない。ワイン初心者の方でもカジュアルに楽しめるワイナリーを目指して、リーズナブルでありながらこだわりのワインを届ける。ワイン文化の裾野を広げる重要な役割を担う地域の老舗ワイナリーが、「夢」に向かい今日も一歩ずつ歩みを進めています。

この記事は、2021年7月18日に こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~ はこだてわいん社長・佐藤恭介さん「『夢』追い求める地域ワイナリーの先駆者」として函館新聞に掲載されました。https://digital.hakoshin.jp/special/index/71185

「こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~」は道南でつくられるこだわりの食品を集めた通販サイト「道南地元市場」を運営する私たち株式会社ロカラのスタッフが各地のつくり手たちのもとに足を運び、生産者の思いをまとめる連載記事。函館新聞で毎月第三日曜日に公開

ABOUT ME
波江 真
ロカラの波江です。1998年北海道函館市生まれ。新卒でロカラに入社し現在1年目。趣味は「筋トレ」「スポーツ観戦」「ダンス&ボーカル系」など様々。北海道に面白い仕事を創りたいと意気込んで日々奮闘中。多趣味を生かして、いろんな切り口で北海道の魅力を発信します!