経営

1942年創業。北海道の和菓子で驚きと楽しみを創り出す吉田食品

今回は、吉田食品の代表を務める吉田貴之さんに「実力をつけること」や「従来のイメージからの脱却」についてインタビューさせて頂きました。

和菓子職人としての技術を磨き続ける

1942(昭和17)年に吉田製菓として創業した当初は、手焼きせんべいを製造、販売していました。その後、吉田食品は、和菓子、洋菓子、パンなど幅広く展開していきます。2015年には函館市西桔梗町に工場を新設、翌年には工場に隣接する形で直営店「和創菓ひとひら」をオープン。ガラス張りの厨房を設置した店舗では、職人の作業を間近で見ることができ、出来立てのお菓子を提供しています。

 現在、代表を務めるのは3代目の吉田貴之さん。函館市出身で、大学卒業後に東京の和菓子メーカー2軒で修行を積んだ後、家業である吉田食品に入社します。「東京で学んできた技術を函館でも生かしたい」と意気込みますが、会社内は変化を望まず「今まで通りで良い」という雰囲気だったといいます。


 このままでは傾いていた業績を立て直すことはできないと感じた吉田さん。一から職場環境やすべてのお菓子の見直しを進めました。また、和菓子技術では最高峰と呼ばれる、製菓材料を用いて四季や花鳥風月を表現する工芸菓子を学び始め、全国菓子博覧会に展示、そして北海道の和菓子職人で初めて選・和菓子職に認定されるなど、着々と和菓子職人としての箔(はく)を付け、行動で会社の進むべき道を示していきます。

新ブランドの確立

従来の「大きい・甘い・安い」という吉田食品のイメージから脱却すべくオープンさせた「和創菓ひとひら」。餡子は、豆の選定からこだわり自家製あんをすることにより、それぞれのお菓子に合うように作っています。今では吉田さんの確かな技術が全国に広まり、関東から修行のために人が来るなど、会社内はより良いものを作りたいという雰囲気に変わったといいます。

 ものづくりの意識改革は店舗づくりにも表れています。店舗には吉田さんが手がけた工芸菓子が飾られ、四季に合わせたお菓子を販売し、モチーフとなった花を庭に植えるなど、味覚はもちろん、五感でも楽しめる工夫が張り巡らされています。

 工芸菓子は見た人を驚かせ、楽しませる。店舗づくりも同じように、来店した人を驚かせ、楽しませる。和菓子を一つのエンターテインメントとして捉えた職人は、私たちにここでしか味わうことのできない時間を届けてくれるでしょう。

この記事は、2021年8月15日に こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~ 吉田食品代表取締役社長・吉田貴之さん「驚きと楽しみを和菓子で」として函館新聞に掲載されました。https://digital.hakoshin.jp/special/index/71185

「こだわり探訪記~ロカラ×北海道のつくり手たち~」は道南でつくられるこだわりの食品を集めた通販サイト「道南地元市場」を運営する私たち株式会社ロカラのスタッフが各地のつくり手たちのもとに足を運び、生産者の思いをまとめる連載記事。函館新聞で毎月第三日曜日に公開

ABOUT ME
波江 真
ロカラの波江です。1998年北海道函館市生まれ。新卒でロカラに入社し現在1年目。趣味は「筋トレ」「スポーツ観戦」「ダンス&ボーカル系」など様々。北海道に面白い仕事を創りたいと意気込んで日々奮闘中。多趣味を生かして、いろんな切り口で北海道の魅力を発信します!