職人

平成13年就農自身で育てた北海道産和牛に責任を持つおぐにビーフ

北海道北斗市で肥育から販売まで一貫して行う和牛農家おぐにビーフの代表を務める小国美仁さんに「牛に対する想い」「農家が果たすべき責任」について伺ってきました。

より自然に近く、牛がリラックスできる自然体でいられる環境を

おぐに牧場では、自然に近い状態でいられることを大切にし飼育しています。ここでいう自然に近いというのは放牧して自然の中で放し飼いをするということではありません。一般的にはしない、牛舎を明るくし日に当て、風通しもよく一頭一頭のスペースが広くとれる環境で飼育することもその一つ。おぐに牧場では餌を沢山食べさせることで体を大きくすることに特化した飼育ではなく、牛の様子や牛からのサインに気を配り餌の種類や量を調整して食べさせます。そうすることで、牛がストレスを感じにくい環境=自然に近い環境で飼育することに近づけています。

だからこそ、牛一頭一頭を気にかけ、声をかけ、愛情表現をし、それぞれの牛との関わりを大切にしながら飼育します。一頭一頭に気をくばることは小規模飼育だからできることでもあります。見た目と肉量の評価にすぎないA5が最高とされる食肉格付にこだわらず、肉の味や質そのものににこだわるおぐに牧場の想いがここに全て詰まっています。

おぐにビーフでは北斗市のふっくりんこやきたくりん等の稲わらを牧草として収穫しており、餌として与えています。北海道水田発祥の地の米どころ北斗市だからこそ、この地で牛飼いをしている理由のひとつでもあります。

牛が持つ適切な価値で おぐにビーフを世の中に広めていきたい

世の中では価格競争が激しく、本来の価値に合わない価格で牛肉が販売されている場合も少なくないです。おぐにビーフでは飼育し生産した牛肉を自らの手で販売しています。 ロースの様な花形の部位だけではなく、どんな部位でも自分で価値を高めて世に出していきたい。どんな部位だとしても、365日生き物と向き合い愛情を注いで育てた牛たちの牛肉にはかわりないからです。どんな部位にも価値を付けて販売できるように、常にアンテナを張って商品化にも力を注いでいます。 おぐにビーフも米や野菜、海産物だけではなく北斗市ひとつの顔として地域を盛り上げていきたいです。

おぐにビーフでは地域活動の一環で地元の子供たちが牛づくりに興味を持ってもらえるように社会科見学の受け入れています。実際に牛に触れたり、えさやりを体験してもらったりすることで、自分たちが家や学校給食で食べている牛肉がそのように飼育されているのかを知ってもらいたいという想いがあるからです。

ライターが選ぶ!おぐにビーフおすすめの商品

黒毛和牛おぐにビーフ切り落とし

牛がストレスを感じないようのんびりとできる牛舎作りを徹底していることから、オレイン酸含有量が55%を超えると特に優れた牛肉として評価される中、おぐにビーフのオレイン酸含有量の平均は60%以上の赤身が美味しい牛肉です。最後まで責任を持って消費者に届けたいという代表の強い想いから、肥育から販売まで一貫して行ってます。

商品ページへ

おぐにビーフ

名称おぐにビーフ
おすすめ黒毛和牛おぐにビーフ切り落とし
住所〒041-1242 北海道北斗市市渡57-2
営業時間
定休日
発送可能日
備考
ABOUT ME
高山 義彦
ロカラの高山です。北海道の食を愛し、北海道のおいしい、地元道南のおいしいを探し続ける、食いしん坊。ロカラが運営するショッピングサイト「道南地元市場」の名物店長としても活動中!全国の消費者の皆さんに北海道のおいしいをお届けするために日々奮闘中!